• 心怡 吴

「紀行・長野」白馬の白

最終更新: 4月5日


2021の春が来った最初の日、友人二人と一緒に長野県の白馬村に行った。

JR中央本線に乗って、かなり長い旅だった。


雨の日でも、春雨に煙る白馬岳


駅から降りる瞬間、目の前は白い雪に被られた連山だった。高嶺は雲煙の中に隠し、少し墨絵みたいな風景、山紫水明処。


スキーができない人たち、スキー場に行った。

冬の山でかっこよくスキーやるのは想像の中よくあった。もちろん、現実と想像とは違い、初心者たちのスキーはほぼ観光だった。私は一回だけ命を懸けて滑ったが、怖くてやまの中腹で止まって動かなくなった。





動かない時、まさかそのままで写真いっぱい撮った。


スキー上達者のフリ^^


私たち行ったのは、白馬岩岳スノーフィールドというスキー場。

目指すのは綺麗な風景だけではなく、山頂のカフェと雪遊びエリアもぜひ行きたいなと思った。が、雨の日雲煙の山が見える代わりに、いろいろな施設が使用できなくなった。カフェのところだけ、別様な美景を味わった。






泊まるところも、食事のところも、まるでジブリの世界











#旅行 #おすすめ #感想

4回の閲覧0件のコメント